格安航空会社を利用する際に抑えておきたい大事な事まとめ

それぞれの格安航空会社のメリットや、誰もが躓きそうな注意点を紹介しているサイトです。 - 座席指定を忘れずに、スプリングジャパン

座席指定を忘れずに、スプリングジャパン


日本国内では、LCCはそれほど数が多くはないですが規制緩和によって2012年ごろから次々と格安航空券を利用する事が出来る格安航空会社が増えてきました。
そう言った、格安航空券を取り扱っているLCCの中にスプリングジャパンという航空会社があります。
こちらは、春秋航空という中国の会社が出資している航空会社なのですが、座席指定などをしないとやや使いづらいというようなネックがあるのですね。
座席によってはシートピッチが違い、しかもリクライニングが出来ないシートや背もたれの角度がキツめでリラックスできないような席もあったりするのです。
狭い席、というのはそれだけでも窮屈だというようなことを感じることもあるんですね。
しかし、座席指定をして比較的広めの場所を確保する事ができればそれほど窮屈な思いはしなくていいかと思いまあす。
スプリングジャパンは、事前に座席指定をしていない場合はシートが自動で席を指定してくるというような特徴があります。
しかも、その席の指定は一人客であっても席のど真ん中に持ってきたりすることもありますので快適さを求めるならば座席指定をすることがお勧めです。
しかし、スプリングジャパンは全体的に航空チケットの値段が安いほか座席指定も事前予約なら200円、当日空港カウンターで座席指定をする場合はして医療が500円と破格の安さになっているのです。
事前予約にしても、LCCの中でも200円という料金は座席指定の料金としては破格の安さになっているので、200円分である程度の快適さが買えると考えれば決して高すぎる値段ではないかと思います。
空の便も、ほかの交通機関に比べると移動時間が短いとは言えやはり移動中くらいはゆったりとくつろぎたいでしょうからね。
座席指定をしても、席のクラスが変わるわけではなく値段が変わったりする事もありませんので、スプリングジャパンを使うときは座席指定を忘れずにする事をお勧めします。

ページ上に戻る